〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4-13-10 千葉県教育会館
新館6階
              TEL:043-201-1300 FAX:043-201-1301

 
 

22.09.26
 台風一過、寒暖の激しい日が続きます。熱中症と感染症予防対策に十分気を付けて仕事に組合活動に頑張りましょう!(教宣部一同)

 

 
 
 


 「自治労全体の組織力の底上げを」 自治労第96回定期大会



▲ 経過で発言する千葉県本部高橋書記長

   自治労は8月30日(火)、31日(水)の2日間にわたり第96回定期大会を幕張メッセで開催し、今後1年間の運動方針を確立しました。
 大会は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に最大限配慮した形式で行われ、現地での参加は代議員の3割とし、他の代議員はサテライト会場からウェブでの参加となりました。
 千葉県本部からは、現地に4名の代議員とオークラ千葉ホテルのサテライト会場から9名の代議員が参加し、全国から719名の参加がありました。経過報告、議案に対して47都道府県本部と1社保労連の代議員から発言があり、活発な議論が行われました。

(詳細は自治労千葉9月号1面をご覧ください。)



 自治労千葉県本部2022 平和行動 〜原水禁福島・広島・長崎大会〜



▲ 連合の平和行動に参加した皆さん

 新型コロナ感染症の再度の拡大などのきびしい状況が続いている中、3年ぶりに「被爆77周年原水爆禁止世界大会・福島・広島大会」が全国から参加者が集まり開催されました。
 福島大会では、東日本大震災・福島第一原発事故から11年が経過しましたが、人々の営みは戻っておらず、福島が未だ復興途中である中、政府は放射線量を引き下げ避難解除措置し、多くの人々や全国漁業協同組合連合会など反対を押し切って、福島の海にトリチウム汚染水を流そうとしてます。しかしながら、海はつながっており、茨城・千葉の海にも影響が懸念されていることから、集会でも、大会基調提起や福島第一原発処理水の海洋放出に関する報告・シンポジウムが行われ、集会での議論を持ち帰り、脱原発の声を広げていくことを確認されました。
 東日本大震災・福島第一原発事故から11年、広島・長崎に原爆が投下され77年が経過し、被爆者の方々の高齢化が進む中、核兵器廃絶と平和な世界の実現をめざして、ヒロシマ・ナガサキ・フクシマの声を世界へ発信する高校生平和大使の活動報告と決意表明をうけ、自治労では今後も平和運動の輪を組合・組合員に広がるよう取り組んでいきたいと思います。

(詳細は自治労千葉 9月号2面をご覧ください。)


   

 

BANNER LINK

       

     


PSI(国際公務労連)


千葉県自治研センター


鬼木まこと公式HP


岸まきこ公式HP


えさきたかし公式HP


クラシノソコアゲ応援団

カウンター

Acrobat Reader

 

 

HOME | 自治労とは | 運営体制 | スケジュール | 交通アクセス | 自治労共済 | リンク | クイズ投稿 | 問い合わせ | プライバシーポリシー |   
Copyright (C) 2004 JICHIRO CHIBA. All Rights Reserved.