〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4-13-10 千葉県教育会館 新館6階
              TEL:043-201-1300 FAX:043-201-1301

 
 

17.04.18
 急に気温が高くなってきました。春を飛び越して夏も目の前。体調管理には十分気を付けて仕事に組合活動に頑張りましょう!(教宣部一同)

 

 
 

 

組合加入で処遇改善を<潟戟[トークで非正規の問題伝える 臨時非常勤等職員協議会アピール街宣行動

▲ 現場の声を聞いてください

 2月25日(土)千葉駅のクリスタルドーム前で第3回目となる街宣行動を行いました。
 当日は千葉県内各地から臨時・非常勤・任期付職員、未組織の単組役員など、総勢37名に加え、千葉県本部の椎名委員長、網中県議会議員、労働者福祉協議会の黒河会長が応援に駆けつけ、非正規職員の処遇改善の必要性について熱く訴えかけました。
 また、現場の職員によるリレートークやポケットティッシュの配布、無料の労働相談などを行い、最後に「組合なんて、と思うかもしれませんが、組合を通じて仲間を作り、勉強をして、自分だけでなくともに働くすべての人が働きやすい職場にしていかなくてはいけない」と、組合活動の意義や組織化の必要性を強調し、安心して働ける社会を目指して取り組みを続けていくことを訴えました。

(詳細は自治労千葉4月号1面をご覧ください)

 

「底上げ・底支え」「格差是正」でクラシノソコアゲを実現しよう! 連合千葉2017春季生活闘争総決起集会開催!

▲ シュプレヒコールをあげながらのデモ行進

 「底上げ・底支え」「格差是正」を通じて、「経済の自律的成長」「包摂的な社会の構築」「ディーセント・ワークの現実」をめざす2017春季生活闘争がスタートしました。
 2月25日(土)、千葉市中央公園で連合千葉2017春季生活闘争総決起集会が開催されました。当日は曇り空のなか、県内の単組から組合員約2100名が参加。
 集会に先立ち、主催者代表として連合千葉である鈴木光会長があいさつ。
 次いで連合本部から安永貴夫副事務局長により情勢報告があり、その後、民進党長浜博行参議院議員、社民党小宮清子県連合代表からそれぞれ連帯のあいさつがありました。
 部会、地域協議会、女性委員会代表の決意表明をはさんで、連合千葉議員団会議代表の天野行雄千葉県議会議員があいさつを述べ、続く集会宣言の提案は万雷の拍手をもって承認されました。
 最後に鈴木会長による音頭で団結がんばろうが唱和され、集会は終了。
 その後のデモ行進では、千葉中央公園周辺一帯に、寒さを吹き飛ばすような熱いシュプレヒコールが響き渡りました。

(詳細は自治労千葉4月号1面をご覧ください)

 

人員不足″深刻化 医療・福祉の現状を訴える よりよい地域医療・福祉 春闘の首都圏街頭宣伝行動

▲ 街宣行動の様子

 3月10日(金)千葉駅前にて、よりよい地域医療・福祉のための街頭宣伝行動を行いました。
 当日は、医療・介護・福祉の人材不足を訴えるチラシをポケットティッシュやマスクと一緒に駅前で配布しました。
 また、千葉県本部の椎名委員長をはじめ、自治労本部の仙葉副執行委員長、連合千葉の鈴木会長、労働者福祉協議会の黒河会長、網中県議会議員など多くの方が駆けつけ、医療や福祉現場での深刻な人員不足や低賃金など、労働条件に関する問題を街行く人々に訴えました。
 現在、医療や福祉職場の現場では人員不足が深刻な問題となっており、その影響としてサービスの低下や、各種メディアで話題となった待機児問題などを引き起こしています。特に介護や保育は専門職にもかかわらず、全産業平均に比べて約10万円も低い給与水準であり、資格を持っていても他の業種で働く人が多くいます。潜在的な人材の発掘、そして現在働いている人の定着率の向上には、賃金や労働条件の改善が必要不可欠です。
 これからも千葉県本部では、医療・福祉職場の処遇改善や人員不足の解消などを目指し、取り組みを進めていきます。


(詳細は自治労千葉4月号1面をご覧ください)

   

 

BANNER LINK

       

     


PSI(国際公務労連)

幸せは、ひとりじゃつくれない。
自治労共済


千葉県自治研センター

 


えさきたかし公式HP


あいはらくみこ公式HP


クラシノソコアゲ応援団

Acrobat Reader

HOME | 自治労とは | 運営体制 | スケジュール | 交通アクセス | 自治労共済 | リンク | クイズ投稿 | 問い合わせ | プライバシーポリシー |   
Copyright (C) 2004 JICHIRO CHIBA KENHONBU. All Rights Reserved.